条件指定検索
カテゴリー
現在の検索条件:
  • 歴史のある建物・風景×
  • 2018年10月
     
         
  • 2018年11月
           
     
  • 2018年12月
               
             
  • 2019年1月
       
       
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
23ありました

スパニッシュ様式を基調とした昭和の洋館

旧本多忠次邸は、本多忠次が昭和7年に東京に建てた住宅と壁泉の一部を移築復原したものです。当時ブームとなっていた田園趣味を反映させたスパニッシュ様式を基調としています。

昭和9年(1934年)に建設されたモダンな西洋風の建物

ツタの絡まる配水塔の姿はヨーロッパの古城をイメージさせます。ドーム形の屋根の外壁下部は花崗岩板を貼り付け、その上部はモルタル仕上げで大石貼りに見せた目地を切っています。円筒形の塔の正面には角形の階段室が取り付き、…

重要文化財の空間をもつ徳川家(松平家)の菩提寺

徳川家(松平家)の菩提寺であり、歴代当主の墓や歴代将軍(大樹公)の位牌が安置されています。大方丈には、「将軍お成りの間」や「大名控えの間」があります。境内は広く、大型バスの駐車も可能です。

延べ床面積7,538m²、7階建ての家具のショールーム

岡崎をはじめ、東京、大阪、福岡など全国8か所に店舗をもつ家具メーカー。7階は実際にオフィスとして使用されており、会議室として撮影できる部屋も多くあります。さらに、社長室、病院の受付、ホテルなどのシーンに使える部屋…

創業延元二年(1337年)を誇る老舗の味噌蔵

まるや八丁味噌では、機械を使わずにすべて手作業で味噌が造られています。歳月を重ねた味噌桶の存在感や天に向って積み上げられた重石の力強さなど、八丁味噌の蔵ならではの風景をお楽しみいただけます。

黒と白の対比が特徴的

八丁味噌を造る2軒の蔵元が建ち並ぶ通り。見事な蔵屋敷が並ぶ狭い路地には昔の風情が残っています。かつて味噌仕込み用の蔵として使用され現在は史料館となっている大蔵は、国の有形文化財に登録されています。黒塗りの板張り壁…

巨大な涅槃像と飲むことのできる温泉が有名なお寺

立派な山門(楼門)をくぐると、切り開いた山の中に建つ立派な寺院があります。お薬師様のお示しにより湧出したといわれる飲むことのできる温泉(愛知県許可)があり、ほとんど腐らない世界でも稀有な成分の良水といわれています…

延べ床面積7,538m²、7階建ての家具のショールーム

岡崎をはじめ、東京、大阪、福岡など全国8か所に店舗をもつ家具メーカー。結婚式場を思わせる階段やホール、ヨーロッパの高級住宅のようなセットが揃っているので、そのまま撮影に使用することができます。こちらで作られた家具…