条件指定検索
カテゴリー
現在の検索条件:
  • 歴史を感じる屋外×
  • 2024年4月
     
           
  • 2024年5月
         
     
  • 2024年6月
               
               
  • 2024年7月
     
         
  • 2024年8月
           
  • 2024年9月
             
  • 2024年10月
       
       
  • 2024年11月
             
  • 2024年12月
           
  • 2025年1月
         
     
  • 2025年2月
               
     
  • 2025年3月
               
             
17ありました

昭和9年(1934年)に建設されたモダンな西洋風の建物

地下に埋められた貯水タンクと、タンクから配水塔へ上水を送るポンプ室、一体に水を配る配水塔からなる上水施設です。建築物は全てヨーロッパ風の造りとなっていますが、特にツタの絡まる配水塔の姿は古めかしい古城をイメージさ…

赤レンガと地元産御影石(花崗岩)を組み合わせた特色ある建物

本格的なルネッサンス様式を取り入れた建築で、大正6年に旧岡崎銀行本店として建造されました。 日本近代建築の重鎮、鈴木禎次氏の設計によるもので、全国でも有数の貴重な建物として、その保存管理に大きな期待が寄せられ…

スパニッシュ様式を基調とした昭和の洋館

旧本多忠次邸は、本多忠次が昭和7年に東京に建てた住宅と壁泉の一部を移築復原したものです。当時ブームとなっていた田園趣味を反映させたスパニッシュ様式を基調としています。

創業延元二年(1337年)を誇る老舗の味噌蔵

まるや八丁味噌では、機械を使わずにすべて手作業で味噌が造られています。歳月を重ねた味噌桶の存在感や天に向って積み上げられた重石の力強さなど、八丁味噌の蔵ならではの風景をお楽しみいただけます。

重要文化財の空間をもつ徳川家(松平家)の菩提寺

徳川家(松平家)の菩提寺であり、歴代当主の墓や歴代将軍(大樹公)の位牌が安置されています。大方丈には、「将軍お成りの間」や「大名控えの間」があります。境内は広く、大型バスの駐車も可能です。

各界の第一人者の手により完成した能楽堂

能をはじめとした各種古典芸能の殿堂として利用できる、全国でも珍しい市立野外能楽堂です。監修の能楽師観世栄夫氏をはじめ、各界の第一人者の手により完成したこの能楽堂は、正門や清楚にめぐらされた白壁に囲まれ背後にそびえ…

伝統と歴史に彩られた岡崎市の寺院

松平村大給に応安元年に小さな仏堂が建てられ、初代大給城主の松平乗元によって再建され松明院と名付けられた。開山は隣翁本六和尚で、乗元の弟とされる。乗元は細川城をも併有し、両地域の土地を領有していた。乗元の死後、戒名…

三河路で初めてのご祈祷寺

本尊が釈迦牟尼仏で、堂内には仏師運慶の作で、前田利家の御守本尊として知られる十一面観世音菩薩が安置されています。前田利国が難病にかかった際に、観音様への祈祷を続けたところ、夢の中で観音様よりお告げがあり、それに従…